イベント詳細

【詩の募集】第50回西宮市芸術祭-西宮文芸誌「表情」第31号

2022年6月10日(金)応募締切

西宮発の文芸誌に載せる詩を募集します。

【西宮文芸誌「表情」第31号】
■西宮市をはじめ近隣市の図書館などに寄贈
■西宮市民会館2階事務所にて、2022年10月1日から2023年9月30日まで販売予定

あなたの想いを西宮文芸誌に載せて発信しよう!

募集要項)

応募規定

(1)募集内容
詩(テーマは自由 ※注意事項を除き、何を題材にしても可)

 

(2)応募締切
2022年6月10日(金)必着
※選考結果は7月上旬までに連絡

 

(3)応募資格
西宮市内在住または在学(在職)の2004年4月2日から2007年4月1日生まれ

 

(4)作品規定
■本文 1行20字×25行以内
※縦書き
※Microsoft OfficeソフトWordまたは手書き
■冒頭
作品タイトル、氏名(ペンネーム可・ふりがな)を明記
■末尾
住所、電話番号、Eメールアドレス、ペンネームの場合は本名(ふりがな)、年齢、在学生は学校名、学年を明記

 

(5)応募方法
以下のいずれか
■郵送
〒662-0918 西宮市六湛寺町10-11
(公財) 西宮市文化振興財団
「表情」係宛

■Eメール
件名を「表情の応募」とし、作品を添付のうえ以下のEメールアドレスへ送信
amity@nishi.or.jp

 

選考・掲載

応募の中から、選考委員である西宮芸術文化協会文芸部門によって選出された作品は、2022年10月1日発行予定の第50回西宮芸術祭 西宮文芸誌「表情」第31号(以下「表情」)にて選考委員の詩評とともに掲載されます。また、応募時に記載された住所まで年内に「表情」を送付します。

 

※西宮芸術文化協会(以下、協会)
1973年2月発足。現在、洋画、音楽、芸能、文芸など全11部門 計200名近くの会員を擁している。毎年、西宮市展を協賛事業として審査等に協力するなど、西宮市のさまざまな文化事業に参画。これらの活動に対して西宮市民文化賞を受賞のほか、会員個人も、県、市などの表彰を受賞。文芸部門は、2022年2月1日現在13名の会員を擁し、各会員は日本現代詩人会、日本詩人クラブ、日本ペンクラブ、関西詩人協会、兵庫県現代詩協会などで活躍している。
https://nishi-arts.jp/

 

 

「表情」

今年で50回目を迎える西宮市芸術祭は、協会の各部門会員が制作出品、企画、出演、執筆編集等を行い、市民が気軽に上質な芸術に触れられる機会の提供を行っている。中でも「表情」は、文芸部門がその年ごとの世相を反映させたユニークな詩・エッセイなどを発表している。また、2020年からは公募による高校生(に準ずる世代)の作品を文芸部門の詩評とともに掲載し好評を得る。

※西宮市をはじめ近隣市の図書館などに寄贈
※西宮市民会館2階事務所にて

前号(第30号)|2022年9月30日まで販売中

本号(第31号)|2022年10月1日から2023年9月30日まで販売予定

 

「表情」第30号

 

注意事項

■応募作品は返却しません。
■応募時に記載された住所、電話番号、Eメールアドレスは、審査結果及び「表情」の郵送にのみ使用します。ただし、氏名(ペンネーム)、年齢、学校名、学年は「表情」への掲載、「表情」の広報活動(パンフレット、ウェブサイト、資料、その他媒体)等に使用する場合があります。また、広報活動等のため応募作品を第三者に貸与する場合があります。
■応募作品を掲載する際、フォントは主催者が決定します。

■以下の場合、主催者の判断により選考対象から除外し、入選決定後であっても入選を取り消す場合があります。
1.二重応募、類似と判断したもの
2.作品の内容が公序良俗に反するもの、または反する恐れのあるもの
3.肖像権の保護のため、特定の人物が判別できるもの
4.特定の企業団体等の広告宣伝を目的とする商品名や店舗名等を記載したもの
5.募集要項に違反すると判断したもの

主催
西宮市
(公財)西宮市文化振興財団
西宮芸術文化協会
お問い合わせ
西宮市文化振興財団 0798-33-3146(平日8:45~17:30)